神前結婚式の流れ

神職によって厳かに粛々と執り行われる神前式。式の流れは、神社や式場によって多少異なりますが、おおまかな流れは、ほぼ同じです。実際の挙式では、巫女やスタッフがサポートしてくれるので、あまり神経質になりすぎずにざっと流れを見ておきましょう。神々に見守られ祝福されながら、神聖な気持ちでふたりの幸せの決意を報告する神前式の儀式。儀式や言葉の意味を知っておけばより一層感動が増しますよ。

一般的な流れ

巫女に先導されて花嫁行列から、会場へ入場。清めのお祓いの後、神職による祝詞の奏上で神々への御報告、三々九度の盃を交わし、指輪の交換、新郎による誓いの言葉の読み上げ、神様への捧げものとして玉串の拝礼、巫女の舞と祝いの神楽、お鈴の儀、固めの盃と続き、記念品授与、神職ご挨拶などを経て退出となります。主な儀の名前と内容を以下に紹介します。

参進(さんしん):巫女の先導で新郎新婦、親族一同が続き、会場へと進みます。いわゆる花嫁行列にあたります。

修祓の儀(しゅうばつのぎ):清めの儀式。参列者全員のけがれを祓いおとします。神職が大麻をふります。

祝詞奏上(のりとそうじょう):神職が、神様にふたりの結婚を報告し、末永い幸せを祈ります。祝詞とは、神職が神々に申し上げる言葉のことをいいます。祝詞の中に登場する、「恐美恐美(かしこみかしこみ)」という言葉は、「恐れながら謹んで申し上げたてまつります」といった意味合いの言葉です。

誓盃の儀(せいはいのぎ):三々九度のこと。小中大の三種類の盃に巫女からお酒をうけて交互に飲み交わし、これからの人生を末永く共にする契りをたてます。

誓詞奏上(せいしそうじょう):新郎から神様へ誓いの言葉を読み上げます。

お鈴の儀(おすずのぎ):神楽のあとに、巫女が新郎新婦と参列者に鈴をふり、神の恵みを授けます。

固めの盃(かためのさかずき):両家が親族となる儀式で、巫女がつぎ回るお神酒を神職の発声のもと親族一同でいただきます。

おすすめ記事ピックアップ

  • 8fad199464828e941bdaaea6b0d7e99d_s

    具体的に神前結婚式って何?

    まずはキホンのキ、「神前結婚式とは?」について。教会でおこなわれるチャペル式やレストランなどでの人前式とは何が違うの? 神社以外でも神前式はあげられるの?など、神前結婚式とは何かについて、わかりやすく説明します。また、なぜ今神前式が人気なのか、神前結婚式の美しさと魅力についても、合わせてご紹介しています。

    続きを見る

  • cdee09b12780990a9a27cd2c511790f5_s

    作法が分からない、どう振る舞えば良い?

    有名な三々九度以外にも、玉串拝礼やお鈴の儀、固めの盃など、いくつかの所作の連なりからなる神前結婚式の式次第。聞いたことのない用語の数々や慣れない儀式で、振舞い方や作法に不安をおぼえる方も多いと思います。リラックスして本番にのぞめるよう、神前結婚式での振舞い方、これだけはおさえておきたい作法などをいくつか紹介します。

    続きを見る

  • a775462f69a077c91e152036899ad7c0_s

    衣装・ヘアメイク代

    神前結婚式といえば、ぱっと思い浮かぶのはやはり、艶やかな和装の花嫁衣裳ではないでしょうか。一生に一度しか着ることのない白無垢の凛として穢れない美しさに憧れる女性も多いと思います。ここでは、気になる和装衣装とヘアメイクにかかる費用についてふれていきます。費用相場や、和装ならではの注意点など、知っておくと役に立つ情報を紹介します。

    続きを見る