神前結婚式の起源

日本伝統の挙式スタイルである神前結婚式。いまのスタイルにいたるまでのルーツと起源をたどってみましょう。

日本の「結婚式」が誕生したのは明治時代

伝統挙式スタイルというわりに、意外と最近だなと思った人もいるでしょう。そもそも日本には「結婚式」という習慣はありませんでした。日本に今の「結婚式」というスタイルが普及したきっかけは、明治33年に行われた大正天皇の御婚儀でした。初めて宮中賢所大前で行われたその御婚儀を見た庶民の間に、神前結婚式が普及していきました。このため、神前結婚式が日本の伝統スタイルとされています。戦後、住宅環境などの変化により、公民館などに神主を呼び、結婚式を行うようになり、経済成長など時代の変化とともにホテルや結婚式場で結婚式を挙げるのが一般的に広く浸透しました。宗教に対する強いこだわりが少ない日本ならではの結婚産業が普及したと言い換えることもできます。

もともとは披露宴にあたる「祝言」しかなかった

「結婚式」という概念が日本人に普及浸透する以前、結婚のときには新郎の実家で「祝言(しゅうげん)」という披露宴のような祝いの席を設け、親族縁者にお披露目をしていました。これは、結婚式というものではなく、どちらかといえば今でいう披露宴に該当するものでした。親族縁者一同の前で結婚の契りを報告するという意味では人前式のような要素もありました。ただ、このころはまだ結婚式というはっきりとした儀式は日本人の間では認識されていませんでした。この頃、花嫁が家族や親族と共に行列をなして嫁ぎ先まで花嫁道中」で向かっていたことが、現代のいわゆる「花嫁行列」の由来となりました。今でもこのような習慣が残っている地域もあるようです。

おすすめ記事ピックアップ

  • 8fad199464828e941bdaaea6b0d7e99d_s

    具体的に神前結婚式って何?

    まずはキホンのキ、「神前結婚式とは?」について。教会でおこなわれるチャペル式やレストランなどでの人前式とは何が違うの? 神社以外でも神前式はあげられるの?など、神前結婚式とは何かについて、わかりやすく説明します。また、なぜ今神前式が人気なのか、神前結婚式の美しさと魅力についても、合わせてご紹介しています。

    続きを見る

  • cdee09b12780990a9a27cd2c511790f5_s

    作法が分からない、どう振る舞えば良い?

    有名な三々九度以外にも、玉串拝礼やお鈴の儀、固めの盃など、いくつかの所作の連なりからなる神前結婚式の式次第。聞いたことのない用語の数々や慣れない儀式で、振舞い方や作法に不安をおぼえる方も多いと思います。リラックスして本番にのぞめるよう、神前結婚式での振舞い方、これだけはおさえておきたい作法などをいくつか紹介します。

    続きを見る

  • a775462f69a077c91e152036899ad7c0_s

    衣装・ヘアメイク代

    神前結婚式といえば、ぱっと思い浮かぶのはやはり、艶やかな和装の花嫁衣裳ではないでしょうか。一生に一度しか着ることのない白無垢の凛として穢れない美しさに憧れる女性も多いと思います。ここでは、気になる和装衣装とヘアメイクにかかる費用についてふれていきます。費用相場や、和装ならではの注意点など、知っておくと役に立つ情報を紹介します。

    続きを見る